子供の矯正歯科専門の小児矯正情報サイト
小児矯正情報サイト HOME>歯並びは大丈夫?

歯並びは大丈夫?

子供の矯正歯科
乳歯と永久歯が混在している時期の矯正治療(歯並び治療)です。
成長を利用しますので、大切な永久歯を抜かずに治療できる可能性が高まるとともに、顎の発育を適切に誘導します。
上下の前歯が4本ずつ計8本、または上の前歯2本と下の前歯(切歯、側切歯)4本が永久歯に生え変わる、大体小学2,3年生の期間が適切な治療開始時期です。
治療前

矢印
治療後

叢生(八重歯・乱ぐい歯)の症例

●治療前

  治療前  
治療前 治療前 治療前
  治療前  
→

●治療後(治療開始から4年2ヶ月後)

  治療後  
治療後 治療後 治療後
  治療後  


【横から見た場合】

治療前

矢印
治療後

初診時口腔内所見:歯列弓形態は上下とも狭く、著しい叢生が認められます。 上顎両側側切歯、下顎右側側切歯が舌側転位しています。下顎左側第一乳臼歯と上下顎両側第二乳臼歯がまだ残存した状態で、下顎左側第二大臼歯が萌出開始し ている混合歯列期の患者さんです。下顎右側第一小臼歯が第二乳臼歯の影響で萌出障害を起こしています。

治療は上下顎両側第一小臼歯の抜歯を行い、マルチブラケット装置で叢生、咬合状態を改善しました。早期に小臼歯を抜歯して治療開始したことにより、歯軸のコントロールが良好になされ、側貌、口元が良好な状態に保たれています。
また、動的治療終了後も安定した咬合が維持されています。
上顎前突(出っ歯)の症例
横から見た場合

●治療前

  治療前  
治療前 治療前 治療前
  治療前  
→

●治療後(治療開始から4年2ヶ月後)

  治療後  
治療後 治療後 治療後
  治療後  
治療前
豊橋の矯正歯科なら菅沼矯正歯科へ

矢印
治療後
豊橋の矯正歯科なら菅沼矯正歯科へ

初診時口腔内所見:叢生を伴う上顎前突で、歯列弓形態は上下とも狭く、歯冠幅径が大きいため、捻転、転位歯が認められます。
また、大臼歯の咬合関係はAngle Class IIで、下顎の後退傾向が認められます。上顎前歯の唇側傾斜も著しく口唇、口元の著しい突出感が認められ、口唇閉鎖不全も認められます。

治療は上顎両側第一小臼歯、下顎両側第二小臼歯の抜歯を行い、マルチブラケット装置で上顎前歯の後退、咬合改善を行いました。治療期間中はヘッドギアを併用し上顎大臼歯の垂直的・前後的固定に留意致しました。
その結果、Angle Class Iの良好な咬合関係が得られ、側貌も口元も良好な状態に改善され、口唇の閉鎖もスムーズになりました。
上顎前突(出っ歯)の症例2
横から見た場合

●治療前

  治療前  
治療前 治療前 治療前
  治療前  
→

●治療後(治療開始から4年2ヶ月後)

  治療後  
治療後 治療後 治療後
  治療後  
治療前
豊橋の矯正歯科なら菅沼矯正歯科へ

矢印
治療後
豊橋の矯正歯科なら菅沼矯正歯科へ

初診時口腔内所見:上顎前突で空隙歯列を呈し、舌癖が認められます。
大臼歯の咬合関係はAngle Class IIで、上顎前歯の唇側傾斜と捻転が認められます。
下顎左側第一大臼歯の咬合面に第二大臼歯が覆い被さるような状態で水平埋伏し、第一大臼歯の萌出障害をおこしており2本とも埋伏しています。

治療は上顎両側第一小臼歯の抜歯を行い、マルチブラケット装置で咬合改善を行いました。
また、口腔外科医との連携により埋伏している下顎左側第一大臼歯、第二大臼歯を開窓、牽引し、良好な位置に移動することができました。治療結果は良好な咬 合関係が確立されました。また治療期間中にMFT(機能的筋機能療法)も平行して行ったことから、側貌、口元も良好な状態に改善され、口唇の閉鎖もスムー ズになりました。
反対咬合(受け口)の症例
横から見た場合

●治療前

  治療前  
治療前 治療前 治療前
  治療前  
→

●治療後(治療開始から4年2ヶ月後)

  治療後  
治療後 治療後 治療後
  治療後  
治療前
豊橋の矯正歯科なら菅沼矯正歯科へ

矢印
治療後
豊橋の矯正歯科なら菅沼矯正歯科へ

初診時口腔内所見:大臼歯の咬合関係がAngle Class IIIの前歯部反対咬合です。
また、上唇小帯付着異常があり、正中離解が認められます。舌癖、低位舌等の習癖があり、機能的問題も見受けられます。

第1期治療では上下大臼歯にバンドと上顎にPalatal Barを装着し、前歯部にブラケットを装着し上下顎2x4にて、顎間ゴムを使用して反対咬合を改善しました(13ヶ月間)。
同時に舌癖、低位舌の改善のためにMFT(機能的筋機能療法)を行いました。その後、永久歯への交換終了と下顎の成長が落ち着くまで経過観察(41ヶ月間)を行い、第2期治療へ移行しました。
第2期治療は非抜歯矯正歯科治療にて上唇小帯付着異常がありましたので、口腔外科医に上唇小帯切除術を行って頂き、マルチブラケット装置で治療を行いました(12ヶ月間)。
良好な咬合関係が得られました。また下口唇の突出感も軽減し、バランスのとれた側貌、口元になっています。
拇指吸引癖による開咬の症例
【横から見た場合】

●治療前

  治療前  
治療前 治療前 治療前
  治療前  
→

●治療後(治療開始から4年2ヶ月後)

  治療後  
治療後 治療後 治療後
  治療後  
治療前
豊橋の矯正歯科なら菅沼矯正歯科へ

矢印
治療後
豊橋の矯正歯科なら菅沼矯正歯科へ

初診時口腔内所見:拇指吸引癖、舌突出癖、咬唇癖などの習癖が認められ、大臼歯の咬合関係がAngle Class IIの開咬です。

第1期治療ではまずTwin Block Appliance(ツインブロック アプライアンス)にて、その後、上下大臼歯にバンドと前歯部にブラケットを装着し上下顎2x4にて大臼歯の咬合関係の改善、開咬、改善を行い歯列弓の拡大を行いました。
治療と平行してMFT(機能的筋機能療法)を行い、習癖は改善しました(14ヶ月間)。
その後、永久歯への交換終了まで経過観察を行い(26ヶ月間)、第2期治療へ移行しました。
第2期治療では上下顎両側第一小臼歯の抜歯を行い、マルチブラケット装置で治療を行いました(15ヶ月間)。
良好な咬合関係が得られました。また、側貌、口元も良好な状態に改善され、舌位や口唇閉鎖等の機能も良好になりました。