子供の矯正歯科専門の小児矯正情報サイト
小児矯正情報サイト HOME>子供の歯列矯正


子供の歯列矯正

歯列育形成とは?

歯並びが悪くなる原因のほとんどはアゴが小さいことです。アゴが小さいためにすべての歯がきちんと生えることができず、混み合って生えてきたり(乱ぐい歯)、八重歯になったりします。従来の矯正治療ではこの原因に対するアプローチが少なく、便宜的に歯を抜くなどの処置で対応してきました。つまり対症療法が行われてきたわけです。
それに対して、歯列育形成とは「アゴの拡大」をすることにより、この大元の原因を治す原因療法です。(対症療法より原因療法の方がいいのは明らかです。)このことにより、抜歯をする確率は大きく下がりました。

従来の矯正治療の特徴
成人ではアゴを大きくすることができないために、ほとんどの場合抜歯が必要になる。
通常、永久歯が生えそろって(12才位)から治療を始めますが、その時は歯並びだけでなく骨・歯ぐき・筋肉などの周りの組織ができあがっているため、それを動かすのは生物的に無理がある。
無理に歯を動かすために後戻りの可能性が高くなる。
年齢が大きくなってから始めた場合は、治療中に顎関節症になる可能性もある。
それに対して歯列矯正は良いことだらけです!!
歯列育成の具体的な治療方法  (一例)
「プレート」と呼ばれる取り外し可能な装置を1日12~15時間(夜間のみあるいは学校以外)お口の中に入れるだけです。
そのプレートにはスクリューが付いており、それを拡大することによってアゴが大きくなり、永久歯の生えるスペースが確保されます。
来院間隔は1~2ヶ月に1度です。(拡大が進むにつれて、来院間隔は開きます。また、お子さんだけで来て頂いても結構です。)
開始年齢は、5~7才くらいが最適です。8、9才でもできますが、10才を過ぎるとアゴの拡大が難しくなるため、普通の矯正治療の適用になるかもしれません。
拡大期間はおおむね2~3年です。2~3年で拡大自体は終わりますが、永久歯が生えそろうまで(12才前後)フォローします。拡大が終わっても永久歯が生えそろうまでは管理をします。また、必要があれば、永久歯が生えそろってから短期間にワイヤーの装置を入れることができます。歯並びはより綺麗になります。
◎アゴは横と後ろに大きくなりますので、決して出っ歯にはなりません。
◎この方法は生物学的にもまったく無理がなく、最も理にかなったやり方です。
また、子供さんは驚くほど順応性が高いため、プレートにもすぐ慣れます。
歯列育形成のもうひとつの大きなメリット
「虫歯が一本もなく、かつ削って治療した歯もない」ということを目標に
12才で永久歯列が完成した時に、歯並びが綺麗なのはもちろん、「虫歯が1本もなく、かつ削って治療した歯もない」ということを目標にしております。そのために、毎回の来院時に虫歯の予防処置を行います。つまり、歯のクリーニング・フッ素塗布・シーラント・歯みがき指導などを 行います。低年齢からこれらの予防処置をすることによって、虫歯になる可能性は大幅に下がります。フッ素塗布については歯質が未成熟な時期にフッ素を塗る ことによって歯の質が丈夫になり(硬くなり)、一生を通じて虫歯になりにくい体質の歯になります。このことは歯並びが良くなることと同じくらいメリットが あり、子供さんにとっては、一生の財産になると思います。
また、1~4ヶ月に一度は来院していただきますので、虫歯予防をご家庭と医院で管理できます。但し100%虫歯にならないということではありません。